ちがさきこども選挙
こどもの、
こどもによる、
こどものための選挙。

こどもが市長を選ぶとしたら、どんな視点で選ぶのだろう。

こどもが候補者にインタビューするとしたら、どんなことを聞くのだろう。

こどもは自分が選んだ候補者に、どんな想いを届けるのだろう。

こどもが市長を選ぶとしたら

どんな視点で選ぶのだろう。

こどもが候補者にインタビューするとしたら

どんなことを聞くのだろう。

こどもは自分が選んだ候補者に

どんな想いを届けるのだろう。

こどもが

2022年10月30日 茅ヶ崎市長選挙と同時に、「ちがさきこども選挙」を開催します。

茅ヶ崎在住のすべてのこどもたち(小学生〜17才)に投票権があります。

こどもたちが自分のまちの未来を考える「こども選挙」はじまります。

2022年10月30日 茅ヶ崎市長選挙と同時に

「ちがさきこども選挙」を開催します。

茅ヶ崎在住のすべてのこどもたち

(小学生〜17才)に投票権があります。

こどもたちが自分のまちの未来を考える

「こども選挙」はじまります。

こどもが聞く
STEP1

茅ヶ崎市長選の候補者に、こども選挙委員会がこども独自の視点でインタビュー。その様子は、Webで動画配信するとともに、「こども選挙新聞」を発行します。

こどもが選ぶ
STEP2

選挙日当日、大人は正規の投票所へ、こどもは「こども選挙投票所」へ。さらに、ネット投票も実施します。こどもが選んだ市長を、市長選結果発表後に公開します。

こどもが届ける
STEP3

投票用紙には「選んだ想い」を記入してもらい、その結果をまとめて後日こども選挙委員会のこどもたちの手で市長選候補者たちに届けます。

face

こども選挙委員会の歩み

公募で集まった茅ヶ崎市内のこともたち15名が、
2ヶ月間にわたり勉強会やワークショップを積み重ねてきました。

9月3日(土) ワークショップ&勉強会

茅ヶ崎の良いところ、変わってほしいところなどをグループディスカッションして、こどもの意見を可視化します。また、選挙とは?民主主義とは?自分たちの権利や社会の仕組みについて、勉強会を行います。

9月17日(土)または18日(日) 茅ヶ崎の今をスタディ

まちの課題に触れたり、市議会を傍聴したり、茅ヶ崎の今についてスタディします。

10月初旬 市長候補者への質問を考える

ここまでの学びをもとに、候補者に聞いてみたい質問を考え、まとめます。

10月下旬 市長候補者にインタビュー

自分たちで考えた質問を実際の候補者にぶつけます。

10/30(日) こども選挙の実施

自分も投票するとともに、投票受付など選挙の運営に参加します。

11月中旬 こどもの声を候補者に届ける

こども選挙の結果と、こどもの意見を集約して、候補者にこどもの声を届けます。

こども選挙は寄付を受け付けています。

頂いた寄付金は、こども選挙新聞・投票用紙の印刷代や会場費など、
こども選挙の運営に活用させていただきますので、サポートをよろしくお願い致します。